美腸鍼

produced by ㈱えがおメディカルケア

腹部には募穴(ぼけつ)と呼ばれるツボの集団があります。募穴は各内臓に影響を与えるツボです。腹部募穴への鍼治療は胃腸系の調子を整え、余計な宿便や水分を除去します。その結果、体のむくみが解消し、すっきりした体にすることができます。さらに、ビフィズス菌などの腸内細菌の善玉菌を増やし、便秘の解消につながります。そして、ホルモンの分泌も活発になるのです。これにより、便秘を解消し、ポッコリお腹を解消します。

鍼の効果

鍼治療は胃腸系の調子を整えるのが得意です。腹部には募穴という種類のツボがあり、各臓器に関連のあるツボが多く並んでいます。そのツボに鍼をすることで胃腸系の調子を整え、腸内細菌の中の善玉菌の増殖を助けて便秘を解消し、余分な皮下脂肪を分解して腸をきれいにします。また、腸には免疫細胞も多く存在するので、アレルギーにも効果があります。

そして、腸のもう一つの役割として、ホルモンの分泌というのがあります。その中でもセロトニンというホルモンは脳にも存在し、幸せホルモンと呼ばれています。セロトニンは脳をリラックスさせて、幸せ感をもたらすことから幸せホルモンと呼ばれています。腸内のセロトニンは脳のセロトニンの分泌を促進するのです。これを「腸脳相関」といいます。

  • 胃腸系の調子を整えます。
  • 余分な皮下脂肪の分解を促進
  • アレルギーにも効果あり
  • セロトニンの分泌促進

低周波の効果

低周波は腰痛や頚部痛の治療などにも使われる電気治療で、筋肉の緊張を和らげる効果があります。硬い腹筋群を和らげて腸の動きを活発にします。

 

 


腰部のリンパマッサージ付き