EMSってなに?

EMS(Electrical Muscle Stimulation)とは電気刺激を使って筋肉の収縮を得る方法です。

通常、筋肉は脳からの指令に従って電気刺激を筋肉に与え、その刺激をもとに筋肉が収縮します。その脳からの指令をすっ飛ばして、直接筋肉に電気刺激を与えて収縮させる方法がEMSなのです。

筋破壊ができる周波数

EMSは電気刺激ですが、特殊な電気刺激である必要があります。筋肉の増強には筋破壊と超回復が必要です。詳しくは筋肉増強のメカニズムページ(作成中)を参照してください。その筋破壊をする周波数でないとEMSの効果がありません。当院で使う機器は的確にターゲットとする筋肉を増強できる周波数をだします。

EMSとトレーニングのハイブリッド

EMSはもともと、医療機器として開発されました。例えば脳梗塞などで、麻痺が起こってしまった筋肉の治療やスポーツ選手のリハビリなどに使われていました。それが、トレーニングに使われるようになってきたのですが、EMSの最大の欠点がスポーツのパフォーマンスの向上にはならないという事です。筋肉はほとんどの場合、単一では動きません。いろんな筋肉が脳の調整を受けて微妙に収縮したり弛緩したりして、一つの動作が生まれます。EMSはその脳の制御を受けませんので、筋肉単体を強くすることはできますが、動きを良くすることはできないのです。また、テレビCMなどで紹介されているようにムキムキにはなりません。さすがにEMSだけで腹筋を割ったりすることはできないのです。そこで、EMSとトレーニングを組み合わせます。トレーニングを組み合わせる事で脳からの指令を得たうえで、EMSによる筋肉の増強をすると脳と筋肉の連動も強化されて、パフォーマンスがアップします。さらにトレーニングとEMSの筋破壊からの超回復効果にが重なって、より大きく強い筋肉を作る事もできるのです。トレーニングとEMSのハイブリッドです。

さらにMCTを組み合わせる

さらにMCT(マルチカフトレーニング)を組み合わせる事でさらに効果を上げることができます。MCTで筋肉にさらに負荷を与え、成長ホルモンの分泌を促して、筋肉のアップをすることができます。

EMS+MCTはダイエットに効果あり

EMSとMCTのコンビネーションはダイエットにも効果があります。特に特定の部位を引き締める方法として効果があります。例えばウエストのくびれを作りたい。とか、二の腕のプルプルをとりたい。という方には最適です。EMSは特定の筋肉を鍛える事が得意です。ウエストの腹筋や腹斜筋、二の腕の上腕三頭筋などをターゲットにして筋肉を鍛え、さらにMCTのコンパートメント効果を加えます。さらに成長ホルモンの分泌により新陳代謝を活発にして、効果的に脂肪を燃焼させます。もちろんやり方によって効果的に体重を落とす事もできます。