メディカルストレッチ

筋肉は使いすぎても硬くなるし、使わない時間が長くても硬くなります。また、関節には靭帯と呼ばれる関節を安定させる組織があります。この靭帯もやは硬くなり、関節の動く範囲(関節可動域)が狭くなります。そして、実は血管も硬くなるのです。最近の研究で足のストレッチで動脈硬化が予防できるという研究結果が発表されました。筋肉や靭帯、そして血管を効率よく伸ばすことで筋肉を柔軟にし、関節可動域を広げ、血管の柔軟性も得られるのです。しかし、それらは強く伸ばしすぎても柔軟にはなりません。また、力が入っていては伸びません。なので、自分でするストレッチは効率が悪いのです。やはり、経験のある専門家が行うストレッチが効果的です。