全身治療

スイッチ鍼灸法とアトラス打鍼法を組み合わせて、体を全体的に診て、痛い部分だけでなく、全身的に治療をします。そして、その後の再発を防ぐための予防治療まで視野にいれて治療を行います。

スイッチ鍼灸法

スイッチ鍼灸法は東洋医学の理論と西洋医学の理論を組み合わせて、最適の経穴(つぼ)を選定し、施術する方法です。

 

よく、鍼(はり)はなぜ効くのか?という質問を受けます。当然ですが、鍼をやみくもに刺しても体は良くなりません。的確なポイントに的確な刺激を与えることで効果が得られます。そのポイントが経穴です。この経穴が、体を治すスイッチであるという学説があります。「ゲートスイッチ理論」と呼ばれています。

簡単に説明すると、経穴は体を治すスイッチであり、鍼によってそのスイッチをオンにしているのです。スイッチがオンになるとそれは脳に伝わり、脳が体を治す指令を出すのです。しかし、腰を治すスイッチが腰にあるとは限りません。肩を治すスイッチも肩にあるとは限らないのです。腰を治すスイッチが手にあったり、肩を治すスイッチが背中にあったりするのです。そのスイッチをいかに的確に探して、的確な鍼刺激を与えるかが治療の効果を決定するのです。

当院では独自の理論から的確な経穴を選定と的確な鍼刺激を行っています。


鍼は髪の毛と同じぐらいの細さですので、痛みや出血はほとんどありません。

鍼はもちろん、その他の治療材料もすべて使い捨てを使用していますので感染症などの心配はありません。

必要に応じて微弱電流などの特殊な治療器具を使用して、治療の効果を高めます。